種類を選択する

遺産相続などで土地や不動産を所有している場合、その土地や不動産を使用していないのであれば、資産運用の視点から活用しない手はありません。
例えば、空いている土地であれば駐車場にしたりレンタル倉庫にするという手があります。
また、資金があるか不動産ローンを組める状態であれば、アパートを建てて経営するという方法もあります。
不動産自体を所有している場合は、多くのケースでより初期投資金額は少なくて済みます。
住めない状態でない限り、少しリフォームしたりハウスクリーニングを行うだけで済むからです。
自分で経営管理等をするのが難しい人向けに、現在では管理代行会社・サービスが多数存在しますので、副業としても問題ありません。

当然のことながら、資産運用のために投資する場合には資金を回収し利益を出すことを考える必要があります。
駐車場やレンタル倉庫などの場合は、それほどメンテナンスなどにかかる費用は高くありません。
しかし、アパートの場合は築年数が経つほどメンテナンス費用もかかりますし、いずれは建て替えやリフォームを考えておかなければなりません。
新築当初の家賃設定は、市場の変化により値下げせざるを得ないこともあります。
つまり、当初の設定で先まで運用する計算をするのではなく、将来的に起こりうるリスクも考えておく必要があります。
また、その土地がどのような運用に向いているかは、不動産会社などに任せきりにするのではなく、自分でもしっかりとその土地の周辺事情をリサーチしておくことが大事です。